河村晴美プロフィール | 叱りの達人® 河村晴美オフィシャルサイト

河村晴美プロフィール

河村晴美

河村晴美

Harumi Kawamura

NHK 「クローズアップ現代」でも放送された “叱りの達人®”
2018年 『 東久邇宮平和賞 』 受賞
2016年 『 東久邇宮記念賞 』 受賞
2015年 『 東久邇宮文化褒章 』受章

PROFILE

大学卒業後に就職した株式会社大阪有線放送社(現在㈱USEN)にて、入社3年目の役職無しにも関わらず、全国女性営業約1000名中6位受賞。
これまで、国内NO.1自動車グループ企業を、売上向上、収益率アップ、さらにはCS満足度調査で全国64社中5位に導いた実績あり。また、別の営業研修では、発達障がいの1つである注意欠陥・多動性症候群(ADHD)の方へ、へも、愛情と熱意をもって、仕事を指導したところ、8年連続で営業好成績を出し、役員表彰を受賞するまで指導した実績をもつ。他にも、ベトナム人ビジネスマンにも、日本のビジネス商習慣、心遣いの仕事術を指南。

多くの企業の組織強化に、企業理念の原理原則を元にした「叱る・躾ける・信頼する・創造し・進化する=人財5S®」指導を行い、売上・価値創造、本当の従業員満足を育てる人財育成を行っている。実施先は金融機関、創業100年企業、鉄道交通機関、監査法人、飲食店、製造業などの一部上場企業から、50名のベンチャー企業など。また、国税局などの公的機関や医療業界、介護施設、認定こども園などで実績も多数。大手電鉄グループ経営層より「久しぶりに清々しく背筋が伸びる講演であった」と高い評価を得る。研修プログラム導入先の経営者、人事統括者からは「成果につながる思考改革・行動動改革である」と、厚い信頼を寄せられている。また、女性活躍推進の一環でも、日本経済新聞主催「女性管理職、リーダーシップ」シンポジウム登壇や、中国全土5000名からオーディション合格したアイドルグループへ日本の礼儀マナーを指導した経験も持つ。

メディア出演はNHK【クローズアップ現代】、読売テレビの夕方ニュース番組の出演をはじめ、読売新聞、朝日新聞、産経新聞、山口新聞など多数。プライベートでは、実母が書道師範として、自宅で書道を教える家庭で育ったことで、3歳より筆と遊び、墨の香りがする生活に慣れ親しんできた。昨今のインバウンドの関連で、日本の伝統文化を海外へ発信する活動として、着物で書道のパフォーマンスや、日仏国際交流懇親会におけるフランス人へのお名前書きなどを行う。インターネット動画では、「書家はるみ」として、国内外の日本文化に触れたい人向けに、書道の楽しさと奥深さを知ってもらうために、書道に慣れ親しむ機会創出の発信も行っている。三思会 会長補佐

PAGETOP