パワハラ問題が起きると損失4000万円の影響が出る

パワハラ問題が組織で起きてしまうと、被害者もさることながら、周囲が巻き込まれてしまいます。
パワハラ問題によるマイナス影響は、100名規模の企業では、約4000万円のマイナス影響が出るという試算もあります。当事者のみならず、周囲のメンバー達の生産性も下がってしまうということです。

(参照資料)https://www.peacemind.co.jp/newsrelease/archives/271

パワハラ問題で右往左往しないための具体的方法

さて、2022年4月1日、中小企業にもパワハラ防止対策法が義務化されました。
貴社では、取組みをはじめましたか?

「具体的にどんなことをやってみたら良いのかわからない」など、検討中の企業様に朗報です。まずは、パワハラ問題の予防と対策について、

まずはここからはじめてみませんか?→NHKクローズアップ現代でも放映された”叱りの達人”による解説