【パワハラ叱る講演】間違った「素直」はパワハラの温床になる

 

よく、経営者や人の上に立つ立場の方より
成長する人材である条件として

 

「素直であること」

 

を挙げる方が多いです。

 

戦後の日本の景気を拡大させ
生活を便利に、そして先進国の
仲間入りさせることに貢献された
松下幸之助先生も、終生

 

「素直であれ」

 

を探求され続けました。

 

河村晴美も、松下幸之助先生を
尊敬しております。

 

JR京都駅八条口より徒歩3分の
PHP研究所や、大阪府門真市に
あるパナソニック敷地内の
松下幸之助資料館などへ
参りまして、幸之助先生の
音声やVTRなどで、肉声を
聞きに言ったりもしております。

 

だからこそ、違和感を覚えるのです。

 

巷で使われている、「素直さが大事」と
松下幸之助先生レベルが説く「素直であれ」
とは、定義が異なるのではないか?

よく、上司が部下やメンバーへ
言うセリフ。

 

「君は素直じゃないなあ。
 このままだったら、成長しないよ。」

 

これは、素直という言葉を使いながら

実は、「従順」を要求している

のではないでしょうか?

 

つまり、上司が部下またはメンバーへ

 

(自分の言うことを聞け!)

 

というメッセージが内包されている
のではないでしょうか。

 

さらに言うと、

 

(自分よりも賢くなるな。)

 

と、使いやすいように思考停止を
望んでいることがひそんでいませんか?

 

というのも、上記のシチュエーションでの
上司の特長は、加えて

 

「自分の仕事を背中で語る」

 

を美学と勘違いしている場合も
多分にして多いです。

 

これも、勘違いです。

 

自分の仕事を背中で語るというのは
一見すると、長年の仕事の機微を
職人肌的に「一言では語り得ない」と
いう風に、もったいぶっているように
感じますが、実のところ

語れる言葉に、結晶化されていない。

自分の伝えたいことを、言語化していない。

つまり、伝えるべきことの言語化を
サボっているということです。

 

サボっているという言葉が不謹慎であれば
放置しているということです。

 

または、業務の優先順位から降格させている
ということですね。

 

人を育てる立場にある人が
人を育てる業務に着手していない
ということは、組織として大問題です。

 

組織として、人を育てる立場の人を
マネジメントしていない。

 

組織全体として、人を育てる仕組みが
できていないということ。

 

これは、経営課題です。

 

経営のの神様と言われている
松下幸之助先生が言わんとした

 

「素直であれ」

とは、どういう意味か?

 

きっと、「従順であれ」では無いはず
ですね。

 

それは、物の味方として、

優劣関係ではなく、
常識にとらわれるのではなく、
当たり前を疑い、

同業他社の動向に寄せるのではなく、

さらには

顧客が欲しがる、顕在化された
ニーズでもない。

 

その先を行く着眼着想を。

 

そのためには、経営者または
人の上に立つ立場の人が

自分の発想を広げるような

自分にはない着眼、発想を
するインプットが重要です。

 

なので、経営者も勉強は大切。

 

しかしながら、その勉強というのが
よくある、〇〇マーケティングでは
アウトプットの質も、たかがしれています。

 

表にはけっして出ることのない
投資家や社長のみが集う
コミュニティが、実は句会つまり
俳句を作ることだったりします。

 

そのレベルの方々にとって

俳句を作ることは、教養や
まして、時間つぶしの趣味では
ありません。

 

多忙な中で、わざわざ時間を
作って、句会に出席するのは

ビジネスのアウトプットの質を
飛躍的に高めるための手段
なのです。

 

俳句は、特に、五七五の文字数の
制限と、季語を入れるという、がんじがらめの
ルールの中で行われます。

 

感性のまま、ご自由にどうぞ。

 

ではないのです。

 

このがんじがらめのルールという
全員共通の制限の中で、どうやって
己を出して、美で他を納得させるのか。

まさに、資本主義社会の中での
ビジネスのあり方だと思いませんか?

話を元に戻しますと

松下幸之助先生が説く

 

「素直であれ」

 

は、けっしてイエスマンではなく
従順であれという威圧でもなく

物の見方を説うているのだと
河村は考えます。

 

なので、素直さとは、部下に求めるよりも
まず先に、経営者また管理職の方にこそ
必要な、物の見方つまり思考法なのです。

 

思考を磨くとは、巷の〇〇マーケティング
で身につくほど、単純なものではありません。

まして、「5分で身につく〇〇マーケティング」

などの安直なうたい文句に
踊らされるなんて、

人が良すぎるのを通りこして、

【思考停止】であり、本人が未熟ゆえの
致し方ない結末です。

 

本質を身につけることが、短時間で簡単に
できるほど、世の中は甘くないです。

 

なので、『正しく叱る』ことを
テクニックとして、安直に軽く
考えて、行うと、かえって逆効果。

 

『パワハラ』と言われてしまうのです。

 

いよいよ本年2020年6月1日より、パワハラ防止が
法律で義務化されます。

 

「中小企業は、2022年3月31日まで
 時限措置がありますよね。」

なんて呑気に構えている時間は
ありません。

 

少子高齢化で、新卒採用で苦戦されている
企業様も多いと耳にします。

 

学生も転職希望者も、様々な企業を
見て比べています。

 

「人を大事にしない」

とは言いませんが、

「人を育てることを後回しにしている」

企業に、自分の人生を託したいと
思うでしょうか?

「人を大事にする」ということと

「甘い指導」は、違います。

人を大事にするということは
経営の資源として、人の能力を
最大限発揮させ、優秀な人材に
成長させて、定着させる。

 

定着させることは
採用コストの削減です。

 

能力を伸ばすことは、
経営資源の最大化です。

 

能力が高まった人財を
定着させることことが
安定経営です。

 

人を育てることは、経営課題の
解決であり、何よりも、

自社の理念の実現

に直結することなのです。

 

===============

「素直」について、「従順」という解釈が
パワハラの温床となりうる。

素直とは、経営者こそ身につけるべき
思考法である

===============

 

■このメルマガを自社内で
  共通認識につかいたい!

■着眼着想が面白い!

 

と、思われた方は、ぜひ
ご紹介して下さいますと嬉しく存じます。

メルマガ登録は、こちらからどうぞ。

http://lp.shikarinotatsujin.com

===========

■河村晴美の信条

『日本のビジネスに、知と美と誠実さを』 

講演、研修のお問合せはこちらからどうぞ。

https://shikarinotatsujin.com/contact/