【叱るパワハラ講演】自称パワハラ被害者には 「共感」では無く「理解」を

組織の中で、パワハラ加害者を生み出していないか?

 

 

パワハラは、被害者を作らないことはもちろん大事です。

一方で、実はパワハラ加害者を生み出しているのかも・・・?

 

「パワハラだ!」と言う自称被害者の心情を、「共感」ではなく「理解」してみる。

 

しかも、何が彼または彼女に、そのような主張を言わしめているのか?

感情の大元にあるのは何でしょうか?

 

パワハラへと問題化していく過程で、何がこじれていくのか?

「パワハラだ!」

と問題化していく張本人は何も、上司側ばかりではありません。

実は、部下側が、職場をひっかき回していくケースもあり得るのです。

(書籍の中身の事例は、企業そして個人が特定されないように書かれています)

パワハラ被害者であることを訴える部下側に

「共感」は最初の一歩かもしれないが、解決するためには、論理で「理解」するほうが効果があります。何より、ビジネスは理性を優位にした関わりの中で行うことなので。

ということで、

なぜ、人は、

「自分はパワハラ被害者だ!」

と訴えるのか?

を紐解いてみたいと思います。

■怒りの「感情」がコントロールできない

感情に焦点を当てる場合が多いかと思いますが、

「感情」の大元にあるのは、「欲望」です。

「欲望」が満たされないから「痛み」が発生してしまうのですね。

では、「欲望」とは何か?

それは

・自己顕示欲
・自己重要感
・ゆがんだ自己愛
・プライドの高さ

上記の「欲望」を満たしたいのです。

しかし、社会に出れば当然ですが、自分中心には回らないので、満たされない…。

その「痛み」が

・自信の無さ
・嫉妬
・不満
・傷つきやすさ
・依存的

思い通りにならないことで、モンスター化していくのですね。

上記の通り、「欲望」について、言語化してみました。

ちなみに、フランス哲学者と精神分析家が、人間を以下のように定義しました。

===============
人間とは、「欲望機械」である
===============

「欲望」とは、最初からあるのではなく、機械のようにドンドンと製造されるものなのです。

それつまり「欲望」を製造し続けているのが、人間なのです。

そして、さらに、「欲望」の大元には、何があるのでしょうか?

それは、「本能」です。

「本能」というのは、生存に関すること。

動物には「本能」はありますが、「欲望」はありません。

例えば、動物は、生きるために「食べる」けれども、けっして、「美味しい」グルメを欲している訳ではないですよね?

これが、「本能」と「欲望」の違いです。

別角度で説明しますと、

「本能」は動物の領域なので言語の外側です。

「欲望」は、人間の精神領域なので、言語表現ができます。

なので、自称パワハラ被害者と言う人の

精神構造を「理解」してみよう!

と、試みまして言語化してみました。

「本能」は、動物の領域。

なので、感情のコントロールというよりも

===================================

怒りが瞬間的に爆発するのは「衝動」に絡めとられているのではないか?

===================================

と、考えてしまいますが

さて、いかがでしょうか?

単に、上司からは注意されただけなのに

自分を否定されたと感じてしまう。

自分の「欲望」が満たされないことに過剰に反応する。

満たされないコンプレックスが過剰反応してしまうのですね。

パワハラ対策には組織で取り組むことは2つ。

・予防
・対策

です。

一番残念でもったいないことは

意欲の高いメンバーが

士気が下がったり、
辞めてしまったり・・・

他への悪影響を阻止
しないといけませんね。

今回、本で読んだ事例は、これまで、河村晴美が関わっている企業様では、遭遇したことの無い事例でした。

人財育成のお手伝いをさせていただいている企業様は

社会に求められる企業理念、社員を大切にする経営者、

そして、自分の能力を磨き発揮したい社員の皆様

本当に立派な企業様ばかりです。

だからこそ、応援する企業様をとりまく構造の視点で俯瞰し

様々なシミュレーションで

パワハラ対策には

・予防
・対策

を講じておく。

これが、リスクマネジメントですね。

ぜひ、反面教師として参考になれば幸いです。

ではまた。

■有限会社ハートプロの理念

『日本のビジネスに、知と美と誠実さを』 

講演、研修のお問合せはこちらからどうぞ。

お問い合わせ