パワハラとは何か

パワハラの定義は、厚生労働省に定義されています。

パワハラとは

(1) 優越的な関係を背景に

(2) 業務上必要かつ相当な範囲を超えた言動により

(3) 就業環境を害する

の3つを要件としています。

パワハラ6類型

職場のパワハラについて、厚生労働省が6種類分けて説明しています。

①暴行・傷害(身体的な攻撃)

②脅迫・名誉棄損・侮辱・ひどい暴言(精神的な攻撃)

③隔離・仲間外し・無視(人間関係からの切り離し)

④業務上明らかなに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害(過大な要求)

⑤業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと(過小な要求)

⑥私的なことに過度に立ち入ること(個の侵害)

パワハラ防止法で組織が取り組むべきことは、予防と対応の2つ

 

パワハラ防止法で義務化されたことは2つです。

①予防

 ・パワハラに関する知識習得の機会の提供(従業員全員へ講習また研修の実施)

 ・就業規則への記載

 

②対応

 ・相談窓口の設置を含めて早期対応

 ・相談員への傾聴訓練

被害者・加害者の共通点【パワハラは自尊心を傷つけられたときの反応】

 

①被害者の視点

 

ふさぎ込む人のイラスト(男性)

 

パワハラの被害は、自尊心が傷つけられた時に、被害者意識が芽生えます。

人間には、自分を本能的に守ろうとする防衛反応が備わっています。

他者からの攻撃から身を守ろうとするのは当然です。

ただし、動物の本能と異なり、人間は知識を持つことで予防する方法を選択できます。

それが、パワハラ対策の1つとしての「知識習得」です。

知識を得ることで、問題が起きないように事前に問題回避ができます。

それが、今回の【パワハラ上司にのNG言葉まとめ108選】を学ぶことです。

 

②加害者の視点

 

 

パワハラの加害も、実は自尊心をおびやかされたことが原因で起こります。

人は拒否されたり軽蔑されたり、軽んじられた時に相手を恨みます。

それは上司も同じなのです。

部下に自分の言ったことが無視されたり、経緯をしめしてもらえなかったとき、より一層権威を誇示します。

「なんでオレの言うことをきかないんだ!」

力で屈服させることで、己の立場、存在を示す。

つまり、ここにも(わかって欲しい)という願いが投影されているのです。

 

■自尊心を傷つける【パワハラNG言葉まとめ131選】

 

以下に【パワハラNG言葉】を131個を選出してまとめました。

 

1 アホ

2 ボケ

3 カス

4 ハゲ

5 デブ

6 チビ

7 クソ

8 ブサイク

9 ばばあ

10 おばさん

 

11 おばちゃん

12 おっさん

13 じじい

14 万年ヒラ社員

15 ネクラ

16 きもい

17 くさい

18 のろま

19 無能

20 消えろ

 

21 死ね

22 邪魔

23 終わってる

24 ゆとり、ゆとり世代

25 コネ入社

26 Fラン大学、高卒、中卒

27 有給取れるわけねーだろ

28 結果出してから言ってくれ

29 おまえ、何歳だ

30 おまえの存在が目障りだ

 

31 どれだけ迷惑かければ気が済むんだ

32 口答えするな

33 親も頭悪いんだろな

34 おまえの子供がかわいそうだ

35 何でお前がこの部署に配属されたんだ

36 人事部はホントに見る目がないな

37 やる気あるのか?

38 おい、下っぱ

39 ふざけるな

40 おまえを信じた俺がバカだった

 

41 プロジェクトから外すぞ

42 もう辞めたら?

43 使えない

44 ダメ人間

45 価値が無い

46 早く、散髪いけ

46 役立たず

47 頭を使え

48 義務教育受けたのか?

49 就職面接の志望動機にだまされた

50 前の会社で何やってたんだ

 

51 これだから◯◯世代は使えない

52 いるだけで気分が悪い

53 御託を並べて偉そうに言うな。100年早いわ。

54 ちゃんと考えたのか?

55 まじめにやってるのか?

56 これくらい、社会人として常識

57 仕事できなくてもメシはちゃんと食うのか

58 さぼるな

59 どこまで教えないといけないの?

60 もっと働け

 

61 仕事してるフリするな

62 普通、聞かなくてもわかるだろ

63 おまえを飛ばすくらいすぐにできる

64 おまえの代わりはいくらでもいるぞ

65こんな成績でよく会社に来れるな

66 逃げるのは簡単だ

67 おまえを採用して失敗した、金返せ

68 おまえも時間の問題だな

69 こんな成績で正社員なれないぞ

70 もう会社に来なくていい

 

71 もっと優秀な派遣に来てもらうことにした

72 素直じゃないな

73 電話対応もまともにできないのか

74 上司に逆らうのか?

75 無礼なやつだな

76 反省してるのか

77 謝るだけなら、サルでもできる

78 言い訳するな、やれ

79 だからお前は仕事ができないんだ

80 なんで、そんなことやってるの?

 

81 何時間かかってるんだ、俺だったら5分でできるぞ

82 おまえ病気か?

83 もう転職しろよ

84 仕事もできないのに、よく休みが取れるな

85 よく入社できたな

86 言われたことだけやれ、余計なことするな

87 言葉づかい気をつけろよ

88 お前にやる気はないのか?

89 頭、大丈夫か?

90 こっち見るな

 

91 おまえ今までちゃんと勉強してきたか?

92 おまえ、今までに一度でも会社に貢献したことあるのか?

93 面接のときの発言はうそだったのか?

94 お前の調子いい言葉にだまされたわ

95 次、ミスしたらブチ切れるぞ

96 同期(または後輩の)●●さんを見習え)

97 女だからこの程度で済まされてることに感謝しろ

98 このままだと、もう先は無いと思え

99 おまえ社内で評判悪いの知ってたか?

100 おまえのせいで、みんなイライラしてるぞ

 

101 レベルが低い

102 仕事が遅い

103 おまえより成長が遅いやつは見たことがない

104 もっと、がむしゃらにやれ

105 給料泥棒

106 頑張ってるやつに悪いと思わないのか

107 死ぬ気でやれ

108 契約とれるまで帰ってくるな

109 おまえ何回目だ、何回教えたらわかるんだ

110 アタマ動いてないの?

 

111 おまえは新卒以下だ(●●以下だ、●●の方が上だ)

112 社会人として常識だ

113 他社でも通用しない

114 休めると思うな

115 おまえ以外はみんなやってるぞ

116 そんなこともできないのか

117 恥ずかしいと思わないのか

118 おまえには出来ない

119 おまえには失望した

120 責任とれんのか

 

121 おまえのせいで会社は損失だ

122 この程度はサルでもできる

123 おまえの頭の中は、空っぽか?

124 もう後がないぞ

125 失敗したらクビだ

126 小学校からやり直せ(●●からやり直せ)

127 おまえは楽でいいな

128 甘えるな

129 いつになったら出来るんだ

130 もう帰るのか?

 

131 お前に言う言葉は、もう無い・・・

 

■780名のアンケート結果から導いた「やる気を失う上司の態度」

 

有限会社ハートプロが調査した結果です。

◆やる気を失う上司の態度

  ワースト1: 近親者また尊敬する人を否定

  ワースト2: 芋づる式の説教(人格否定)

  ワースト3: 上司の自己保身

ワースト1:近親者また尊敬する人を否定

 

自分自身のことを言われるよりも、育ててくれた両親や尊敬する人のことを侮辱されたり否定されることの方が不愉快であり許せないということです。

 

ワースト2:芋づる式の説教(人格否定)

 

最初は仕事のミスを注意指摘されていたのに、どんどんと話題が外れていくと言うことです。

仕事は改善しなければいけないと自覚しているけれども、人格まで否定することは、上司の職務を超えた越権行為です。

 

ワースト3:上司の自己保身

 

叱ることの出発点は、部下の成長を願うことです。

しかし、上司が自分の出世や上席からの評価を気にしていると、部下は「結局、上司は自分がかわいいだけか」と白けてしまいます。

部下は冷ややかに上司を見ています。

とても残念なことですが、これでは、信頼関係は構築できないですね。

 

なぜパワハラが起きるのか?

 

なぜパワハラが起きるのでしょうか?

それは、組織の存在目的を共有する大切さを忘れているからです。

組織が存在する目的は、理念の実現です。

 

なぜ、あなたも部下も、組織に所属しているのでしょうか?  

それは、価値ある仕事を創り出すために、今の組織に所属しているのです。

 

価値ある仕事を創り出す方向に向かってベクトルは合わせていますか?

部下が思考停止したり、行動停止していませんか?

上司は、部下のコンディションを観察できていますか?

上司は、部下は自分のモノだと勘違いしていませんか?

 

部下は上司の私物ではありません。

部下は、組織から預かった大切な経営資源です。

 

その大切な経営資源のパフォーマンスが悪いと言うことは、上司のマネジメント能力に問題があると言うことです。

部下がもっている能力をフルに発揮するように支援し、部下が「この組織に所属して良かった」と思えるように場を創ることが上司の仕事です。

 

結論:それでもパワハラは無くならない

 

 

法律を制定しても、犯罪は無くならないのと同じく、パワハラを禁止させるためにパワハラ防止を義務化しても、残念ながらパワハラは無くなりません。

 

しかし、だからと言ってあきらめてはいけないのです。

 

絶望の中から希望を抽出する

現実から目をそらさずに、どうしたらパワハラが減るのか。未然に防ぐことができるのか。

関わる人の尊厳を重んじ、お互いに能力を引き出しあえる場を創ることが、結果的に組織の永続的発展が実現するのです。

パワハラと言われない尊厳を重んじる叱り方を取り入れることで、未来を作っていきませんか?

 

お問い合わせは、こちらからどうぞ。