習慣化の秘訣

あなたは「今年こそは、◯◯をしよう!」

元旦に目標を掲げたにも関わらず、行動が継続できないことってありませんか?

 

志高く、強い意志で物事を達成させる

しかし、実際には「言うは易し、行うは難し」ですよね。

 

宣言したことが簡単に実行できて成果が上がるならば、誰も苦労しませんよね。

なかなかできないから、多くの人は悩み、時に自分を信じることができなくて自信を失ってしまうのです。

 

行動の定着つまり習慣化は、どうして多くの人ができないのでしょうか?

 

習慣が定着しない原因は3つ

 

1、他に優先順位が高いことがある

  このような状況では、時間も労力も他のことに費やされてしまいます

 

2、自分がコントロールできないことが前提になっている

  例えば、毎日ジョギングすると決めたとしても、雨が降ったりするとできなくなってしまいますよね。
  このように、自分がコントロールできないことに依存してしまうと、習慣化は難しいです

 

3、そもそも実行する目的があやふや

  何のために行うのか?目的が不明確だと、気持ちが萎えたときに自分を鼓舞することができませんにょね。

それでは、次は習慣化させるための解決策4つを見ていきましょう

 

習慣化のための解決策4選

 

1、日常に組み入れる

例えば、わたくしは入浴後、体が温まりほぐれている時にストレッチをしています。

また、知人の男性経営者は、お風呂に入る前にスクワット100回すると決めているそうです。

 

2、条件を減らして自分がコントロールできることに集中する

例えば、体作りをしようと考えた時、「スポーツジムに入会しないといけない」はスポーツジムという外部資源にしばられ手います。

先ほど、ジョギングしようと思っても雨が降っているというお話です。

 

3、スモールステップをを設けて、実行できたならば、自分を認める

「今回も(今日も)わたしはがんばった!」

このように自分をねぎらってあげることは大事ですね♪

 

4、「そもそも」論に立ち返る

そもそも、この取り組みは何のために行っているのか?

目的、原点に立ち返ることで、モチベーションが高まります。

例えば「今年こそは、英語を習得しよう!」と、年のはじめに夢を語ったとしても、1ヶ月経ったら目標すら忘れていた、という方も多いのではないでしょうか?

そもそも英語を学ぶする意味・目的は、何だったのでしょうか?

それは、英語スクールに通うのが目的ではなく、実現した時のゴールイメージがあるはずです。

英語を使って、手にしたかったゴールは何か?

昇進、社内での評価、留学、旅行、休日の過ごし方、試験合格…

くじけそうになったり、サボりたくなったりした時に、原点に立ち返ることで「本来、自分は何を成し遂げようと考えているのか?」

原点回帰することができますね。

 

まとめ

 

習慣化の秘訣は、意志を過信しないことです。

逆説的ですが、自分の意志の弱さを自覚すると、意思に頼らなず「仕組み」で回そうと思いますよね?

 

コツコツ努力は、自分を裏切りません。

ぜひ、やるべきことを具体的に細分化して、コツコツ積み上げていきましょう!