なぜ、プラス思考の上司は部下メンバーを育成することができないのか?

 

プラス思考のジレンマ

 

世の中では、マイナス思考では成功できない。

「プラス思考が良い」と言われています。

 

あなたも、そう思い込んでいませんか?

しかし、それは本当でしょうか?

 

組織で評価されて、昇進する上司の口グセです。

 

・やればできる!
・もっと頑張れ!
・どうしてできないんだ!

 

心から、うそ偽りなく、本当にそう思っています。

 

しかし実は、これらの言葉は危険をはらんでいるのです。

 

パワハラNGワードになりかねない…

しかし、上司は気づいていない…

 

というのも、もともとがプラス思考なので、自分の「伝え方が悪い」とは思っていないのです。

 

 

「なぜ、伝わらないのか?」の分析がまちがっている

 

あなたは、プラス思考の上司にありがちな反応として、こういうケースを見たことはありませんか?

 

上司の言葉が部下メンバーに伝わらないのは「伝え方」が足りないせいだ

だから、もっと伝える回数を増やして、さらに強く伝えよう!

 

いわゆる、力押しですね。

 

プラス思考ゆえに、今のやり方がまちがっていることに気づかずに、今のやり方をさらに推し進めてしまうのです。

 

絶望から出発すれば、うまくいく

 

「伝わらない」のは、情熱と回数が足りないからだ。

 

実は、この分析がまちがっているのです。

 

「伝わらないのは、やり方がまちがっているせいだ」

 

実は、この出発点そのものが、まちがっているのです。

 

そもそも、コミュニケーションで本当に伝わることなんて、たかが知れている。

 

だから、過度に期待せずに、「伝わらない」事実を冷静に受け入れる。

 

絶望を出発点にすると、冷静に現状を分析することができますね。

 

✅絶望からスタートするメリット

 

・「伝わらない」が標準なので、過度に期待することがなくなる

・相手に期待するよりも、自分の「伝え方「を磨くほうが早いと考える

・どうすれば伝わるのか? 何が伝わる阻害要因なのか? 分析思考が身につく

 

プラス思考のデメリット

 

プラス思考の上司は、部下メンバーへこう言います。

 

「なんでわからないんだ!」

 

できる人ほど、できない人の現在地を見誤ります。

 

一方で、マイナス思考の上司は、部下メンバーをこう見ています。

 

「伝わらない」 ので、言い方、言葉のチョイス、伝達方法を変えてみよう。
「伝わらない」 ので、仕組みで回そう。

 

マイナス思考なので、( 大丈夫かな?私のメッセージは理解してもらえたかな? )

常に、相手の理解度を把握するために、相手の反応を観察しています。

 

観察している着眼点

 

・相手の怪訝そうな表情

・「ん?」という目の動き

・反応が遅い「間」の感覚

・相手の発する言葉のキレの悪さ

 

など、視覚情報や聴覚情報から類推して、相手の理解度を推しはかっているのです。

 

一方で、プラス思考の上司は、相手の反応などお構いなしです。

なぜなら 「私の話が伝わらないはずがない!!!」 と思っていますから。

 

二項の対は良し悪しではない

 

プラス思考が良い。
マイナス思考は良くない。

 

誰が決めたのでしょうか?

 

誰かの価値判断を、あなたはそのまま受け入れていませんか?

 

たしかに、この世界には、プラスとマイナスがあります。

 

プラスとマイナスは、例えば、コインの裏表。必然の対(つい)です。

 

表という存在は、裏が存在するからです。
裏の存在のおかげで、表という存在が立ち上がります。

 

しかし、表が良くて、裏が良くないという考えは、固定される価値基準ではありません。

 

まとめ

 

「自分は、プラス思考だから良い」と思うのは、浅はかです。

むしろ、今までの自分の価値判断を、批判的に見つめてみましょう。

 

「それは、本当に正しいのか? 」

「何が、私にそう思い込ませているのか?」

 

上記の問いかけを行ってみてください。

これまで常識と言われていたことや、ガッチガチだった固定概念が、揺さぶられてきます。

 

すると、固定概念から開放されて、自分の思考が再構築されますね。

 

世間の固定概念の解体、そして自分の思考の再構築

 

手始めに、これまでの自分の 「伝えた」 つもりが、「伝わっていない」 現実を直視してみませんか?

 

あなたの育成スキルを、もっと磨いていきませんか?

 

こちらのオンライン講座は、あなたの好きな時間そして好きな場所で学習することができます。

 

Z世代にも響く!超実践【ほめる・叱る・怒る 教科書】

内容は

 

・日立製作所
・NEC
・HONDA全国労働組合総連合
・三井物産クレジットコンサルティング
・奈良県警察本部
・鹿児島県警察本部

 

など、大手企業や行政機関の幹部職や管理職向けに行った講演・研修の内容をギュッと凝縮した内容です。

 

ぜひ、あなたの部下育成にお役立てください。

 

《無料で自動的にコラムが届きます》

「叱るだけじゃない」思考力を磨  く叱りの達人メールマガジン  

「それって、ホントに正しいの?」
「何が、そう思い込ませているの?」

思い込み、固定概念、先入観を解体し、新しい価値観の再構築のヒントになる内容です。

週2回程度、お昼ごろに届きます。
無料メルマガ配信解除は、いつでもできます。

後回しない! 今すぐメルマガ登録を >>こちらの登録フォームからどうぞ。