なぜ、あなたの話は聞いてもらえないのか?

 

先日、新任リーダーになったばかりのAさん(30歳代の男性管理職)から相談されました。

 

「部下メンバーへこんなに一所懸命に伝えているのに、なぜ聞いてもらえないのか?」

 

相談内容をうかがい、サポートさせていただきましたところ、1ヶ月後にご報告をいただきました。

 

✅Aさんからのご報告

 

1ヶ月前まで、ずっと悩んでいたことがウソのようです!

あんなに、「やればできる!」って言っていたのに動かなかった部下メンバーが、こちらが何も言わなくても自主的に動き始めたんです。


以前に比べて、チカラ押しの徒労がなくなり、私自身もムダな肩の力が抜けました。


ぐっすり眠れるようになったので、疲れも無くなり、朝の出社も億劫感がなくなりました。

今は、すっかり心も体も快調になりました。


さらに、部下メンバーへ接するときも、前向きな言葉が多くなったと言われています。

 

Aさんは、このように1ヶ月で変化しましたが、あなたは、こんな思いをしたことはありませんんか?

 

 

・営業先で、一生懸命にプレゼンしたのに、断られる以前に質問すらしてもらえなかった


・相手のためだと思い、恥をしのんで自分の恥ずかしい失敗談を話したのに「そうだったんですね」とスルーされた


・部下のためにアドバイスしたのに「今の私の悩みには関係ありません」と言われた

 

せっかく伝えたにもかかわらず、相手からスルーされると、どんなにメンタルが強くてもダメージを受けますよね。

 

自分の力が及ばず、自分に落胆したり、虚しくなったり…

 

挙句の果てに「こんなに親身になっているのに、ちょっとは感謝して欲しいものだ!」なんて思わず怒りをぶつけたくなったり…

 

そもそも最初の出発点は

 

「相手に役に立ちたい」

 

この思いだったはず。

 

だからこそ、もったいないのです。

 

部下メンバーの成長を願い、支援し、応援したい。

 

けれども、予想通りの反応がもらえないと、180度逆転して、相手を責めたり恨んだりしてしまいそうになる。

 

期待が大きいほど、反転して相手を責めたり、怒りに変わってしまうことってありませんか?

 

それは、本当に本当にもったいないことです。

 

こんな悲しい状況を、多くの企業様でたくさん見てきました。

 

このミス・コミュニケーションは、何もあなただけに起きているのではありません。

 

かつての河村晴美も、部下メンバーへの育成に関しては、空振り続きでした。

 

「どうして分かってくれないんだ!」

 

もう投げ出したくなるくらいに…

 

この落胆は、部下メンバーを信頼して仕事を任せて、もっと成長してもらいたいと期待が大きいほど、落胆も激しかったのです。

 

自分への落胆を直視した時に光明が差した

 

相手を責めても、相手を変えることはできません。

 

まずは、自分が変わることだ。

 

自分の相手へ接する態度を変えよう。

 

このことに気づいて、自分の行動をあらためました。

 

すると、なぜか部下メンバーの態度が、私が想像する以上にどんどん好転していったのです。

 

相手に言葉が届くための最初の一歩

 

あなたの言葉が相手の心に届くために、まず最初に行うこと。

 

それは、

相手へ敬意をはらうことです。
礼儀礼節で接することです。

 

あなたの話が相手に届く前提条件を仕込む

 

以下、具体的なステップです。

 

①1on1面談の態度

 

・おへそと目線を相手に向ける

・口角を上げる(笑顔)

・体を開く(腕組みをしない。足を組まない)

 

②話を聞くときの態度

 

・部下メンバーの発言をさえぎらすに聞く

・うなづき、あいづちを打つ

・最後まで聞く

 

③必ず言葉で伝える3つの領域

 

・感謝

・ねぎらい

・取り組んでいるプロセス、改善、変化

 

これで、ようやく、あなたの話が相手に届く前提条件が整いました。

 

「伝えるスキル」を磨く前に、聞いてもらえる条件を満たす

 

相手に伝えるスキルを磨く前に、まずは前提条件を満たしましょう。

 

✅相手があなたへ心をひらく条件

 

敬意と礼節

 

人は、自分へ敬意をはらい、尊重してくれる人に心をひらきます。

 

あなたの言葉が相手に届きますように。

 

そのためには正しい順番があります。

 

✅あなたの話が相手に届く王道の順番

 

①あなたが相手へ敬意と礼節で接する

②相手があなたへ心を開く関係構築できるまで①を行う

③関係構築ができて、ようやく相手へ伝える言葉を整える

 

ぜひ行ってみてくださいね。

 

《無料で自動的にコラムが届きます》


「叱るだけじゃない」 思考力を磨く叱りの達人メールマガジン  

「それって、ホントに正しいの?」
「何が、そう思い込ませているの?」

思い込み、固定概念、先入観を解体し、新しい価値観の再構築のヒントになる内容です。

週2回程度、お昼ごろに届きます。
無料メルマガ配信解除は、いつでもできます。

後回しない! 今すぐメルマガ登録を >>こちらの登録フォーム からどうぞ。