本コラムは、結果を出させる上手な叱り方について、解説しています。

 

時々、抜群に、人を動かすのが上手な人がいますよね。

 

あなたの周囲にも、そんな人いませんか?

 

「なぜ、あの人は、部下メンバー、それだけじゃなく、経営層や上席をも巻き込んで動かすことができるのだろうか?」

 

その人がしていること、なんだかブラックボックスに包まれているように感じますよね?

 

実は、部下メンバーを動かすにはコツがあるのです。

 

結論を言いましょう。

 

それは、相手ファーストの視点に立つことです。

 

相手ファーストの視点に立つ

 

上司が部下メンバーを「叱る」ことよりも、優先するべきことがある。

 

これに気づくと、結果的に部下メンバーが自発的に動き始めます。

 

その方法について本コラムで解説しています。

 

「叱る効果」の勘違い

 

あなたは、「叱る」ことで得られる効果として、どんなことがあると思いますか?

 

多くの方は

 

・部下メンバーが自ら反省してくれる
・上司の考えが伝わる
・事の重要性、責任の重さに気づいてもらえる
・相手自らが行動を改善してくれる
・結果を出すことに真剣に取り組んでくれる

 

上記のように考えるのではないでしょうか。

 

ただし、これらは上司のメリットです。

 

しかし、残念なことに、相手つまり部下メンバーの立場で考えてみましょう。

 

部下メンバーは、上司から「叱られる」ことで得られるベネフィットがないと、心は開いてくれないのです。

 

メリットとベネフィットのちがい

 

「メリット」という言葉は知っているけれど、ベネフィットという言葉は聞いたことがない」

 

という方もいらっしゃると思います。

 

私も初めて聞いた時は、どう違うの? と思って、混乱しました。

 

ざっくり言うと、それぞれの言葉の意味は、こちらです。

 

■メリット

 

・特長、スペック、性能、強み など
・提供者側が考えて言葉にしたこと

例:

・この車には、最新の高度運転支援技術である「Toyota Teammate/Lexus Teammate」が搭載されています。

 

■ベネフィット(便益)

 

・受け取る側が得ることができる快適さ、便利さ、など
・一言で言うと、「ご利益」

例:

・この車は、シートが北欧製の高級家具のソファの座り心地なので、一緒に乗ってくれる人へVIPのおもてなしで喜んでもらえるんです。

 

いかがしょうか?

メリットとベネフィット、車の性能を説明するトークで表現すると、全くちがいますよね。

 

部下メンバーへ、ベネフィットを伝えていますか?

 

さて、本題に戻りましょう。

 

とかく私たちは、自分のメリットをそのまま相手へ伝えがちです。

 

しかし、そのまま伝えても、相手の心には届かないのです。

 

相手に 「そんなの関係ない!」 と心を閉ざされてしまうと、元も子もないのです。

 

では、どうしたら良いのか?

 

それが、メリットをベネフィットに変換させることです。

 

叱る効果をもたらす秘訣は「相手ファースト」

 

相手つまり部下メンバーにとってのベネフィットを考えてみましょう。

 

✅部下メンバーにとってのベネフィット(ご利益)

 

・成長できる

・結果が出る(成果が上がる)

・評価が上がる

・自信がつく

 

上記のように、部下メンバー本人が 「輝かしい未来の自分」 が描けるように、現状を改善して成長する行動を提案するのです。

 

叱る本質とは何か

 

叱る本質は、結果を出させることです。

 

結果が出れば、誰だってうれしくなるし、楽しくなるし、自信を持ちますよね。

 

そして、その行動を支援してくれた上司つまりあなたへ、感謝するはずです。

 

結果を出させる上手な叱り方

 

結果を出させるためには、指導法は、シンプルに言うと以下のやり方です。

 

✅結果を出させるためのアプローチ

 

ステップ1:うまくいっていない現状に気づかせる

ステップ2:輝かしい未来を想像させる

ステップ3:現状と未来のギャップを埋める行動を実践する

ステップ4:未来を実現するまでやり続ける

 

いかがでしょうか?

 

多くの人は、「叱る」 だけに固執しています。

 

大事なことは、部下メンバーに「結果を出させる」 ことです。

 

本末転倒してはいけません。

 

上司がマウントをとることではないのです。

 

大事なことは、部下メンバーに、結果を出させることなのです。

 

そのために、優先するべきことは、上司が「叱りたい」ではなく、部下メンバーが 「成長したい・自信をもちたい」 が大事なのです。

 

相手ファーストで考えた時に、物事はうまくいきますね。

 

部下メンバーを動かす極意

 

上司が「叱りたい」、ではなく、部下メンバーが「成長する・自信がもてる」を優先させる

 

あなたも実行してみませんか?