成果を出させる上手な叱り方

高学歴30歳代女性マネージャー、まじめすぎて疲れてしまっているあなたへの処方箋です。

 

いつだって、直球勝負!

 

あなたの周りにもこんな人いませんか?

 

「他人事じゃない。自分自身だ」

 

そう感じている方も多いのではないでしょうか。

 

最近、まじめな人ほど、問題に真正面から取り組み、戦いを挑み、そして傷ついてしまう…

 

頑張り屋さんは、責任感が強い人が多いです。

 

なので、周囲から頼りにされると、つい「私がやらずに誰がやる!?」と感じて、引き受けてしまうんですよね。

 

そして、能力が高いので、できちゃうんです。

 

まじめなあなたの特徴

 

まじめな人ほど、問題に真正面から取り組み、戦い、そして傷つく

 

✅まじめな人が陥ってしまうマイナススパイラル

①正面突破

②真っ向勝負

③自己犠牲

これじゃあ、いくら強いあなたでも、身が持ちません。

 

時には、ゆるむ時も大切ですね。

 

まじめなあなたへの処方箋

 

時には、かわす、すかす、すり抜けることも大事。

 

正面突破じゃないやり方も、有効だったりします。

 

心をほぐすと、良い解決策も見えてきますね。

 

時に、問題は、解決するのではなく、根本から捉え直すと、問題自体が溶けていくことがありますね。

 

問題解決とは、異なる、問題解消を

 

こんがらがってほつれた糸を、解きほぐすようなイメージで問題を捉え直すと、解消する糸口が見つかったりします。

 

能楽の世阿弥が書いた「花伝書」

 

700年前に、能楽を大成した世阿弥が書いた「花伝書」にあります。

 

離見の見

 

物事を俯瞰して見るということです。

 

近視眼的に見ていると、どうしても問題の枝葉末節に巻き込まれてしまいます。

 

しかし、解決するためには、出口を想定した大局観が大事ですね。

 

ゴールつまり解決した後は、どうなっているのか?

 

そこをイメージしていましょう。

 

まとめ

 

まじめなあなたへ

 

ぎゅっーっと頑な心は、知らないうちに頑なになってしまっています。

 

心をほぐしてみましょう。

 

それは、時に問題を、かわす、すかす、すり抜ける です。

 

✅まじめ過ぎる人へのシンプルな処世術

①かわす

②すかす

③すり抜ける

 

ぜひ、取り入れてみてくださいね。

 

《無料で自動的にコラムが届きます》

「叱るだけじゃない」
思考力を磨く叱りの達人メールマガジン  

「それって、ホントに正しいの?」
「何が、そう思い込ませているの?」

思い込み、固定概念、先入観を解体し、新しい価値観の再構築のヒントになる内容です。

週2回程度、お昼ごろに届きます。
無料メルマガ配信解除は、いつでもできます。

後回しない! 今すぐメルマガ登録を  >>こちらの登録フォーム からどうぞ。