成果を上げさせる上手な叱り方

 

今回は、コーチ・コンサル・講師業の方または将来このような仕事をしたいと思っている方向けです。

 

インプットに力を入れている人がいます。

 

このような人を、一般的には、すばらしいと賞賛します。

 

確かに、努力して成長し続ける姿勢は尊いです。

 

しかし、残念なお知らせがあります。

 

それは、学びの延長線上には、ビジネスの成功は無いということです。

 

ビジネスは学習ではない

 

ビジネスは、学習ではありません。

 

つまり、いくら真面目に学んでも、ビジネスの成功は約束されていないということです。

 

ビジネスは、徹頭徹尾、スタートからゴールまで、首尾一貫して

 

実践あるのみ

 

なのです。

 

ビジネスは学びの延長線上にはない

ビジネスは、実践あるのみ

 

インプットに逃げていないか

 

よくありがちなのが

 

「未だ、早いと思っている」
「準備が整っていない」
「もう少し、しっかり作り上げてからにします」

 

実は、これらは、単なる言い訳です。

 

慎重さ、謙虚さ、というまこと視野かな仮面を被っていますが、実のところ、自己正当という言い訳にすぎないのです。

 

(私はまだまだ実力がない)

 

一番残念なのは、自分という尊い存在をないがしろにしていることです。

 

頭の片すみで(自分には無理…・・)

 

と、自己洗脳をしているんですよね。

 

こういう方は、確かに、コーチ・コンサル・講師業など対人業務には向いていないかもしれませんね。

 

結論

 

学びというインプットに逃げているうちは、プロとしての仕事はできないです。

 

ビジネスという実践を通して誰かの役に立ちたい方へ

 

学びは、自分の癒しではない

学びは、誰かの役に立つためである

 

このように考えるあなたは、ぜひ実践をしていきましょう。

 

あなたからの支援、サポートを待っている人が世界のどこかにいます。

 

ぜひ、コーチ・コンサル・講師として、活躍していきましょう。

 

この覚悟、腹が座った時に、はじめてこれまでのインプットが花ひらくのです。

 

ぜひ、ご自身の存在を、誰からの人生を変えるということに役立ててくださいね。

 

今回は、大切なクライアントの人生を変えるという覚悟が定まっていない人にとっては、ちょっと酷なお話でした。

 

しかし、最後までお読みいただいたあなたは、きっと「誰かのために役に立ちたい!」と考えているはずです。

 

ぜひ、学び直しとか自己保身の都合の良い言葉ではなく、実践あるのみ!のビジネスの世界に挑戦していきましょう。

 

《無料で自動的にコラムが届きます》

「叱るだけじゃない」
思考力を磨く叱りの達人メールマガジン  

「それって、ホントに正しいの?」
「何が、そう思い込ませているの?」

思い込み、固定概念、先入観を解体し、新しい価値観の再構築のヒントになる内容です。

週2回程度、お昼ごろに届きます。
無料メルマガ配信解除は、いつでもできます。

後回しない! 今すぐメルマガ登録を >>こちらの登録フォームからどうぞ。