【自立自走する人材の育て方】 他人のアタマで考えよう

 

なぜ、思考の枠が広がらないのか?

 

よく上司は部下メンバーへ「自分のアタマで考えろ!」と言います。

 

すると、部下メンバーから

 

「自分なりに考えました」と言われませんか?

 

その答えが、上司が望む内容であれば、OKですが、NGだと、上司は怒り心頭に発して

 

「その程度のレベルで良いと思っているのか!」と思わず声を荒げたりしませんか?

 

この一悶着が、勃発する原因は、何でしょうか?

 

それは、そもそも部下メンバーが自分の頭で考えているから起きてしまっているのです。

 

自分のアタマではなく、他人のアタマで考えよう

自分のアタマではなく、他人のアタマで考えよう

 

自分のアタマで考えると、どうしても、エゴ丸出しになってしまうんですよね。

 

つまり自分が起点になってしまいます。

 

人間は、自分に甘いんです。

 

これは、どうしたってあらがえない事実。あなたも私も同じです。

 

だからこそ、自分ファーストを捨てて、強制的に、相手ファーストに思考を切り替えるのです。

 

自分のアタマで考えるデメリット、相手のアタマで考えるメリットを以下にまとめてみました。

 

✅自分のアタマで考えるデメリット

・自分に都合の良いロジックを組みがち

・自分に都合の良い情報しかキャッチアップできない

・独りよがりの判断になる

・他人のありがたい苦言を無意識に拒絶してしまう

 

✅相手のアタマで考えるメリット

・自分よりも、高い視座で物事を見ることができる

・相手の考えそうなことを先回りして考えることができる

・相手が言いそうな反論に対して、想定問答を作ることができる

・相手にとって、お得な話から入り、心を開いてもらうことができる

 

念のために、お伝えしておきたいことがあります。

 

それは、相手のアタマで考えるということは、決して、相手の考えに迎合しなければいけないということではないのです。

 

相手のアタマで考えるとは、相手に迎合することではない

 

むしろ、相手の脳内に入り込んで、好みや思考のパターン分析する感じです。

 

相手のアタマのブラックボックスを解析する

 

相手の判断の根拠となっているブラックボックスを、あきらかにすることです。

 

これができたら、最高だと思いませんか?

 

・なぜ、相手は怒っているのか?
・なぜ、相手はGOまたはNGと判断したいのか?
・なぜ、相手は、それが好き(または嫌い)なのか?

 

「どうして、そんなことをするのか?(言うのか?)」

 

その理由が、クリアにわかる。

 

つまり、相手に翻弄されることがなくなるのです。

 

これって、最高だと思いませんか?

 

相手に振り回されない

 

「なるほど、だから相手はこうしたのか」

 

相手のアタマで考えることで、今まで理解不能だったことが、ようやく自分でも腑に落ちました。

 

こうして、やっと、自分のアタマで考えることができるレベルに上がったのです。

 

相手の思考パターン、判断の背景が理解できた。

 

で、私はどうする?

 

ここで、ようやく「自分のアタマで考えて、自分で決める」ができるようになるのです。

 

他人のアタマで考えると、自分のアタマで考えた判断のレベルが上がっている

 

そう、最後は、自分のアタマで考えて、自分で決断することが大事ですよね。

 

自走できる人材の条件とは

 

自走できるようになるための条件とは

 

それは、自分のアタマを、いついつまでもバージョンアップさせていくことです。

 

周囲に迎合するのではなく、相手のメリット・デメリットを突き詰めて考えることで、相手の思考パターンを分析する。

 

その上で、自分の出方を決めることです。

 

現代は、組織も、社会も、複雑に入り組んでいます。

 

一筋縄ではいきません。

 

網の目構造のように入り組んだ人間関係、利害関係、それらを俯瞰して、どう自分が打って出るか。

 

いずれにしても、自分の人生。謳歌しないと損ですよね。

 

あなたは、自分を活かしきるために、後悔しない人生を歩んでいますか?

 

《無料で自動的にコラムが届きます》

「叱るだけじゃない」
思考力を磨く叱りの達人メールマガジン  

「それって、ホントに正しいの?」
「何が、そう思い込ませているの?」

思い込み、固定概念、先入観を解体し、新しい価値観の再構築のヒントになる内容です。

週2回程度、お昼ごろに届きます。
無料メルマガ配信解除は、いつでもできます。

後回しない! 今すぐメルマガ登録を  >>こちらの登録フォーム からどうぞ。