【人財育成】なぜ、あの人はいきなり聞かれても論理的に説明できるのか?

 

あなたの周囲に、こんな人はいませんか?

 

あの人は、いつでもどんな時でも、聞いたばかりのことを上手に要約また説明できるなあ…。

 

いますよね、こういう人。

 

聞いた直後にポイントをつかんで要約して、さらに最初に話した人よりももっとわかりやすく説明できる人。

 

さて、あなたは、いきなり質問された時、うまく説明できる自信がありますでしょうか?

 

なぜ、説明が上手になると、あなたのストレスが減るのか?

 

実は、部下メンバーを動かす際に、説明の上手な人はとても有利なのです。

 

というのも、説明が上手であると、力押しや無理強い、圧をかけずに、相手を動かすことができるからです。

 

いや、相手を動かすというよりも、相手が自然と動いてくれるようになる。

 

つまりは、説得ではなく、納得して動いてくれるようになるのです。

 

このスキルを身につけると、あなたも部下育成で、余計なストレスがなくなると思いませんか?

 

ポイントを抽出して説明する人は何をしているのか?

 

世の中に、説明のフレームワークは数限りなく存在します。

 

そんな中で、一番シンプルで応用可能なフレームワークを1つご紹介しますね。

 

それは、ピラミッドストラクシャーです。

 

■ピラミッドストラクチャー

 

頭の中に、ピラミッド型の三角形を描いてみてください。

 

その三角形を、3つの階層に分けます。

 

✅ピラミッドストラクチャー:3つの階層

上階層:主題(=結論)

中階層:根拠

下階層:具体例

 

これは、PERP法と同じです。

 

✅PERP法

P:要点(結論・主張)

E:理由(結論に至った理由)

R:具体例(例・データ・状況)

P:もう一度、要点(結論・主張)

 

説得力のある人が使わないこと

 

説得力ある人、ない人、は何が違うのでしょうか?

 

言葉の勢いや語調、リズムなどの雰囲気ではありません。

 

あきらかに、テキスト(言語)の話に盛り込んで内容が違うのです。

 

✅説得力のある人が使わないこと

・形容詞
・副詞

すごい、やばい、かわいい、大きい(小さい)などです。

これらは感覚です。

 

感覚は、人それぞれの主観なので伝わりにくいのです。

 

説得力のある人が多用していること

 

それでは、次に説得力のある人が多用している表現は何でしょうか?

 

✅説得力のある人が多用していること

・数字
・事実
・エピソード

大きい小さいは、人によって想定が異なりますが、1cmは世界共通です。

 

また、事実とは実際に起きたことなので、実績にも活用できます。

 

例えば、

 

「この人はすごい人気者なのです」

よりも

「この人は、◯年◯月◯日に、オンラインで◯名の方に視聴された」

 

の方が説得力がありますよね。

 

エピソードは、事実であり、なおかつストーリーなので、人の頭の中にイメージを描きやすくなります。

 

これらを、ピラミッドストラクチャーに入れ込んで説明すると、説得力が高まる話仕方に変われます。

 

まとめ:説得力のある話し方を身につける方法

 

あなたが、説得力のある話し方を身につける方法は、1つです。

 

心構えより、実践あるのみ!

 

このコラムに書かれていることを、実践してみましょう。

 

繰り返し実践することで、だんだんと身についていきます。

 

あなたが相手に語ったことが、相手の頭の中いっぱいにイメージを描き「なるほど!そうか!」と納得してもらえることは、とても嬉しいですよね。

 

ぜひ、あなたと相手が共感して、イメージを共有されていくことを楽しんでみてくださいね。

 

《無料で自動的にコラムが届きます》

「叱るだけじゃない」
思考力を磨く叱りの達人メールマガジン  

「それって、ホントに正しいの?」
「何が、そう思い込ませているの?」

思い込み、固定概念、先入観を解体し、新しい価値観の再構築のヒントになる内容です。

週2回程度、お昼ごろに届きます。
無料メルマガ配信解除は、いつでもできます。

後回しない! 今すぐメルマガ登録を  >>こちらの登録フォーム からどうぞ。