尊敬するステキな大学教員の女史よりお声がけいただきまして、春の池坊展 を鑑賞してまいりました。

昨日の雨とうってかわり、本日は快晴。

 

春の京都はどこも観光客で大賑わいでした。

 

池坊といえば、生花の最高峰の団体です。

 

歴史は古く、そもそも花を活けるという行為が始まったのは、神を敬う時に花を手向けることが発端とのこと。

 

だからこそ、聖徳太子を祀る六角堂のとなりに、ドドーンと池坊の本部のビルがそびえ立っているんですね。

 

花道、書道、日本伝統文化の真髄とは何か?

 

池坊展で、教授といわれるお歴々の作品を観て気づきました。

 

美しさとは何か?

 

それは「間」です。

 

西洋のフラワーアレンジメントは、ギッチギチに盛り込み、ゴージャスに仕上げることで豊かさを演出しています。

 

一方で、生花は、わざとスカスカにしています。

 

その空間、間合いにこそ、未完の完成を意図して、進化し続ける姿を示しているのですね。

 

「間」に美意識が宿る

 

生け花はもちろんですが、わたくしが3歳からたしなんでいる書道も、墨文字と紙の「間」のバランスが美しさを極めます。

 

生け花や書道は、空間の「間」を通して、美意識を磨いてくれます。

 

能楽は、リズムという時間の「間」を重んじています。

 

茶道は、空間と時間の両方の「間」を演出しているなあと感じます。

 

仕事のできる人は、脳に余白を設けている

 

さて、この「間」をビジネスで大いに活用している人たちがいます。

 

それが、経営者や成功者です。

 

いわゆる、仕事ができる人たちです。

 

ビジネスの文脈で「間」がわかりにくい場合は、「余白」というとしっくりするかもしれません。

 

仕事のできる人は、脳に余白を設けています。

 

頭に「余白」を設ける方法

 

仕事のできる人は、頭の中の「余白」をどのように管理しているのでしょうか?

 

✅頭に「余白」を設ける方法

①振り返りの時間を設ける

②なぜ?とつまり?で深掘りさせる

③あそびをつくる

 

①振り返りの時間を設ける

 

実践は大事です。

 

しかし、その実践から学びを抽出しないと、やりっぱなしになるだけで成長がありません。

 

成長し続ける人は、実践してすぐに振り返りを行っています。

 

振り返りこそ、成功の源です。

 

うまくいったことは何か?

なぜ、うまくいったのか?

 

うまくいかなかったことは何か?

何をすれば、次はうまくいくのか?

 

そう、これはセルフコーチングです。

振り返ることで、失敗を成功の布石に変えていくのです。

 

②「なぜ?」で深掘り「つまり?」で結晶化する

 

「なぜ?」を5回繰り返すことで、真因を明るみにすることができる。

 

トヨタの改善方法で言われています。

 

「なぜ?」は、課題に到達する思考を鍛錬してくれますね。

 

そして「つまり?」は、広がった思考を、1つに集約してくれます。

 

余計なことを削ぎ落として、1点に結晶化してくれます。

 

賢い人はシンプルに考えるという所以です。

 

③あそびをつくる

 

ギッチギチに詰まっていると、自由度がないですよね。

 

がんじがらめは、発想が広がりません。

 

人間関係も思考も、絡まってしまっていると、息ができずに酸欠状態になってしまいます。

 

このような状態では、生産的な解決も、自由な発想も生まれません。

 

だからこそ、あそび、つまり余白を設けませんか?

 

かたくなになっていた思考が解けたら、問題解決ではなく、実は問題そのものが消えてなくなったということもありますよね。

 

問題解決ではなく、問題解消という道もある

 

まとめ:なぜ、教養が大切なのか?

 

仕事のできる人は、教養を高めることにも余念がありません。

 

それは、単なる気分転換や気晴らしに、美術館へ行くというレベルではないのです。

 

教養こそ思考力を磨いてくれるからです。

 

問題が起きている同じレベルで見ていても、解決されないのです。

 

一段上で俯瞰することで、問題解決の糸口が見えてきます。

 

問題解決のために、抽象度を上げる

 

すると結果的に、人格も磨かれるということです。

 

教養をつけると、抽象度が上がる
抽象度を上げるために、思考を磨く
思考を磨くと、人格も磨かれる

 

《無料で自動的にコラムが届きます》

  NO パワハラ! YES 叱り!

思考力を磨く叱りの達人メールマガジン  

週2回程度、お昼ごろに届きます。
無料メルマガ配信解除は、いつでもできます。

後回しない! 今すぐメルマガ登録を >>こちらの登録フォーム からどうぞ。