【部下育成】最小の労力で最大効果をねらう「部下育成の三種の神器」

 

「なんで動かないんだ!」

 

見た目は穏やかで、何があっても動じない。

 

そんな仏のように達観した上司であっても、部下に対して、これまで一度や二度は、心の中で怒り叫んだことはあるのではないでしょうか。

 

心の中では叫んだとしても、今どきはそのままストレートに表現してしまうと、パワハラと言われる危険がありますよね。

 

それに、何よりも理性を失っている姿はセルフコントロールができていないと見なされて、周囲からの評価も下がってしまいます。

 

かといって、(もう部下がどうなろうとしったこっしゃない)

 

と部下育成を投げ出してしまうのも問題があります。

 

育成放棄つまりネグレクト。

 

これは、あなたご自身が、マネジメントの能力不足として評価が下がってしまうのです。

 

では、どうすれば、ストレスをためずに部下育成ができるでしょうか?

 

やり方はいろいろあります。

 

そこで、ここでは一番シンプルかつ部下が喜んで動き出す方法を3つお届けいたしますね。

 

最小の労力で最大効果をねらう「部下育成法三種の神器」

 

✅最小の労力で最大効果をねらう「部下育成の三種の神器」

 

1,Good

2,More

3,Question

それでは、1つ1つ一緒にみていきましょう。

 

1,Good

 

・良い点を、すぐに具体的に短く言葉で伝える。

 

例えば、こんな感じのセリフです。

 

「この提案書、前回に比べて順番変えてみたんだね。

 こっちの方がストーリーがあるし、最後の着地で相手様がYESと言いたくなる流れになっていると思うよ」

 

比叡山延暦寺を改組した最長の言葉です。

 

「一遇を照らす」

 

良いところに光を当てて照らすと、そこが光り輝きますよね。

 

人材育成も同じです。

 

ふだん、こんなことをしていませんか?

 

できていないところばかりに焦点を当てて指摘する。

 

もちろん、できていないことは指摘して改善行動をとらせることは大切です。

 

しかし、できているところはスルーして、できていないところばかりを焦点づけるのは、バランスが偏っていると思いませんか?

 

少なくとも、部下はそう感じています。

 

(できているところはスルーして、できていないところばっかり指摘して責められる。これじゃあ、やってられないよ)

 

良いならば、良い部分を言葉で具体的に伝えましょう。

 

ここをしっかり行っていないと、部下は心を開きません。

 

そして、上司のジャッジに不信感を抱いている可能性が高いです。

 

つまり、部下は上司を信頼していないと言うことです。

 

もしあなたが部下が動かないのではあれば、もしかしたらあなたの指摘のバランスが悪いのかもしれませんね。

 

2,More

 

さあ、ここでは、部下に至らないことがある場合です。

 

これは、放っておいたらいけませんね。

 

直ちに、改善行動に取り組んでもらわないといけませんね。

 

ただし、単に「ダメだ!」だけではなく、部下本人が考えて行動できるようにしなければいけません。

 

・何がダメなのか?

 

・何をすれば良いのか?

 

そもそも

・ゴールはどこなのか?

 

ゴールに達成させるために、思考停止・行動停止させてはいけません。

 

もっと高いレベルで行うためには、どうしたら良いか?


もっと早く効率良く行うためには、どうしたら良いか?


もっと俯瞰して、頭を使って取り組むためには、どうしたら良いか?


もっと周囲を巻き込んで進めるためには、どうしたら力を貸してもらえるか?

など、単なるだめ出しで停滞させるのではなく、「今よりももっと!」Moreの観点で部下に考えさせることがとても有効です。

 

3,Question

 

「教える」よりも「問いかけ」を多用するようにしましょう。

 

なぜかとういうと、問いかけることで、部下の思考力が磨かれるからです。

 

逆に言うと、問いかけせずに、いつも上司が指示命令していると、どんどん指示待ちモードに入ってしまうのです。

 

これでは、いつまでたっても部下は一人立ちしませんよね。

 

指示命令は、思考力を奪う

 

よって、部下に自ら考え動く人材に育ってほしいと思うならば、「問いかけ」する関わりを増やしていきましょう。

 

とは言っても、このような懸念を持つ上司もいらっしゃるかもしれませんね。

 

「部下に問いかけても、的確な意見が返ってくるとは思えない」

 

はい、そう思うことこそが、部下の成長を疑っているということです。

 

上司が部下を疑っていると、部下も上司を疑っています。

 

上司と部下は合わせ鏡

 

部下へ問いかけた時に、手応えのある意見を発言するかどうは、上司次第なのです。

 

部下の能力を磨くために、1,Good そして 2,More をしっかり行い、部下が成長する土台づくりを行う必要があるのです。

 

ぜひ、今回学んだ【最小の労力で最大効果をねらう「部下育成法三種の神器」】

 

実践してみてくださいね!