叱り方NAVI | 叱りの講演・研修・セミナーなら叱りの達人® 河村晴美オフィシャルサイト

叱り方NAVI

叱り方NAVI

社員や部下が思いどおりに動いてくれない時の最短5ステップ

社長や上司が、社員や部下へ「これをやって下さい」と指示したにもかかわらず、動いてくれない時があります。 そんなとき、イライラしたり腹が立ったり、場合によっては「どうなってるんだ!」と、怒ってしまったことはありませんか? …

社長や上司のストレスとして、社員や部下が思うように動いてくれない、ということがあります。社員教育、部下育成で悩まない人はいません。本コラムでは、人を動かす最もシンプルな方法として、5つのステップで解説しまいます。 ❶名前で呼びかける ❷「お願いがあるんです」と言う ❸具体的に伝える ❹完了報告をお願いする ❺感謝を伝える 本コラムの解説は、社長の悩みを受け止め、社員と社長と信頼を繋ぐ、叱りの達人こと河村晴美氏によるものです。パワハラ問題など社会の課題の課題解決に向けて、さらに活動を広げている。パワハラの解説、部下育成や職場コミュニケーションの講演研修コンサルティングの情報は、叱りの達人協会公式サイトをご覧ください。https://shikarinotatsujin.com/

優れたリーダーは『説明スキル』におぼれない

ビジネスでは、プレゼンテーション、商談、部下育成などで、説明を求められる場面は多いです。なので、多くのビジネスパーソンは『説明スキル』は関心が高いですよね。   しかし、実はどんなに『説明スキル』を磨いても、人は動かなか …

【人を動かすリーダーは『説明スキル』におぼれない】多くの人の誤解。『説明スキル』を磨けば、人は動いてくれると思ってる。けど、現実はそう甘くない。人を動かす達人は『実現後イメージ』を伝える。例えば「これをすれば〜なります」。まずはゴールを描く。その後に方法手段を『説明』するのが鉄則です。 解説は、叱りの達人協会(有限会社ハートプロ)河村晴美氏による。職場のコミュニケーション、部下育成、パワハラ問題などの講演研修、コンサルティングのご相談は、叱りの達人協会公式サイトをご覧ください。https://shikarinotatsujin.com/

その話題はZ世代の若手社員から嫌われます

「部下をもっと伸ばしてあげたい」このように考えている上司は多いです。本当に素晴らしいです。しかし、残念な光景を見ることも多いです。 それは、せっかく部下のために話しているのに、Z世代の社員には全く響かない話題があるのです …

【Z世代の若手社員と話して感じることがあります。それは、上司が語る話の内容は「成功ストーリー」より「成長ストーリー」が好まれると言うこと。お笑い芸人オリエンタルランドさんの武勇伝ネタは今でも面白い(笑)。けれども、上司が話す自分語りの武勇伝は単なる自慢。部下の若手社員は白けるし、全く面白くない。これをやってしまうと、部下はどんどん上司との心の距離は広がってしまう。独りよがりの「成功ストーリー」ではなく、「成長ストーリー」を語ってみよう。部下が知りたいのは、上司がかつて若かったビギナーの時に、失敗してもリカバリーして、どうやって這い上がっていったのか?そのプロセスが知りたいのである。上司の失敗談やポンコツネタこそが、部下から共感されて信頼と尊敬を勝ち取ることができるのである。以上、解説は、叱りの達人協会(有限会社ハートプロ)河村晴美氏による。職場のコミュニケーション、部下育成、パワハラ問題などの講演研修、コンサルティングのご相談は、叱りの達人協会公式サイトをご覧ください。https://shikarinotatsujin.com/

質問下手な上司のための 【超シンプル!4つの問いかけ】

部下育成で、1on1面談を行うことは効果的です。しかし、せっかくの1on1面談で上司ばかりが話すと、部下は「説教された」と感じてしまうかもしれません。 上司と部下の話す機会を逆転させて、部下に話してもらう機会を作りましょ …

「うまい問いかけが見つからない」と悩む人へ【縦・横・後・前の質問】やってみてください。 例えば、相手がサッカー好きの場合について、です。 縦:深掘り(サッカーのどんな所が好き?) 横:ずらす (サッカーしていない休日の過ごし方は?) 前:過去(そもそもサッカーし始めたきっかけは?) 後:未来(サッカーの目標は?) 解説は、叱りの達人協会(有限会社ハートプロ)叱りの達人河村晴美氏による解説です。職場やプライベートでコミュニケーションのお悩みは、叱りの達人協会公式サイトにて、河村晴美氏がお答えしています。無料で読めるので、ぜひご覧くださいね。叱りの達人協会公式サイトhttps://shikarinotatsujin.com/

部下へこれを聞いたら愚問確定です

部下スタッフと一緒に取引先へ訪問するときがあります。その際に、部下へこんなことを聞いていませんか? 「この商談のゴールは何?」 残念ですが、この質問をしても、部下スタッフの危機管理能力にスイッチが入ることはありません。実 …

取引先企業へ訪問する前に、部下へこんな質問をしていませんか? 「今日の商談のゴールは?」 実はこの質問をしても、上司が求める手応えのある回答や部下にとっても効果的な気づきにはなりません。部下に担当者としてもっと責任感をもってもらいたいと願うのではれば、このような問いかけに変えてみましょう。 「この商談で最も避けたいことは何ですか?」こう問いかけると、部下の危機意識にスイッチが入ります。以上は叱りの達人協会(有限会社ハートプロ)河村晴美氏による解説です。このような部下育成、リーダーシップなどの人材育成、パワハラなどについての講演研修、コンサルティングは叱りの達人協会公式サイトをご参照ください。https://shikarinotatsujin.com/

脱パワハラ!社員が辞めない「叱り方」の極意

  意図的に、相手を貶めようとか、パワハラしてやろうとする人はいません。多くの場合が「つい、言い過ぎてしまった…」「期待しているから叱ったのに、威圧されたと受け取られてしまった」など、自分と相手との間に認識のギャップがあ …

パワハラをしない、させない組織づくりのために、2020年パワハラ防止法が施行され、2022年4月には中小企業でも義務化されました。本コラムは、【脱パワハラ組織を実現させるために、社員が辞めない!パワハラにならない叱り方の極意】をお伝えします。厚生労働省より「パワハラによる心身の影響」について、令和2年度 厚生労働省委託事業 職場のハラスメントに関する実態調査データを示し、解説は、叱りの達人協会(有限会社ハートプロ)叱りの達人河村晴美が行っています。パワハラの解説、部下育成や職場コミュニケーションの講演研修コンサルティングの情報は、叱りの達人協会公式サイトをご覧ください。https://shikarinotatsujin.com/

幸せな成功者の頭の中【『他責』ではなく、上質な『自責』】

人生を豊かに幸せをつかんでいく成功者は、他人に責任や原因を押しつける『他責』をしていません。『他責』ではなく、自分に原因があると考える、いわゆる『自責 』 ととらえています。 ただし、『自責』 の解釈を間違えると、自虐に …

「怒り」がもたらす経営ダメージ(『不愉快』と財務諸表の共通点)

怒ってる側は、発散すればスッキリします。一方で、怒られた側は怨みつらみが蓄積していきます。 『怒り』は、立場によって全く異なります。 怒った側は、スルー(水に流す) 怒られた側は、ストック(蓄積、さらに複利で増える) 『 …

怒り感情はパワハラ問題に発展してしまう。企業のパワハラ問題について、叱りの達人協会(有限会社ハートプロ)叱りの達人、河村晴美氏がわかりやすく解説しています。詳しくは叱りの達人協会公式サイトをご覧ください。https://shikarinotatsujin.com/

リーダーシップの光と影「ヒトラーとチャップリンに学ぶ人間成長・自己実現」

世界で知らない人はいないほどの超有名人。 それが、ヒトラーとチャップリンです。実は、この2人には共通点があります。わかりやすいのは外見としての口髭。 そして、卓越したリーダーシップの持ち主です。かたや世界を戦いに巻き込み …

世界で知らない人はいないほどの超有名人。それが、ヒトラーとチャップリンです。実はこの2人には共通点があります。わかりやすいのは外見としての口髭。さらには、かたや世界を戦いに巻き込み、かたやエンターテイメントで魅了しました。いずれも世界を席巻したリーダーシップの達人です。その卓越したリーダーシップについて、後世を生きる私たちは学べることがあるのです。この図解は、ヒトラーとチャップリンの実在の人物の生き方を通じて、独自の視点で人間成長のプロセスを1枚にまとめたものです。、人間を育て教え導くための関わり方について、主な3つのアプローチ(怒る・ほめる・叱る)を解説しています。子育て、教育、社員や部下育成など、教育や育成に関する場面や関わり方に活用ができる普遍的な概念です。人間形成、人間尊重、自己実現と自己超越についてこの一枚にまとめてあります。この概念の図解、画像は叱りの達人協会 叱りの達人河村晴美氏による考案です。詳しい解説は、叱りの達人協会公式サイトに掲載されています。https://shikarinotatsujin.com/ (この図解画像の作成および著作は、叱りの達人協会によるもの)

一瞬で人を動かす心理交渉術「誰でも今すぐできる」最速最短5ステップ

「相手を思い通りに動かしたい」 職場、友人、家族、仲間、ご近所つきあいなど、人間関係で悩まない人はいません。 自分のことを受け入れてほしい。賛同してほしい。理解して欲しい。 あなたと同じく、わたくし河村晴美もいつだって願 …

人を動かすにはコツがあります。しかも、楽して簡単に、一瞬で相手を動かす極意について、5つのステップで説明。解説は叱りの達人協会(有限会社ハートプロ)叱りの達人 河村晴美氏によるものです。シンプルなおかつ、心理学の基づく理論を事例を示しながら解説しています。詳しくは、叱りの達人協会ブログに掲載されています。https://shikarinotatsujin.com/blog/business-communication20230101/
Page 1 / 1512»
PAGETOP