テレビ局の社員研修に登壇しました『パワハラにならない叱り方の極意』

演題:パワハラにならない叱り方の極意
主催:KRY山口放送株式会社
日時:2024年1月26日 (金)
場所:KRY山口放送本社 大会議室
ご参加者:報道局、制作局、アナウンサー、人事統括者、間接部門など

報道ニュース番組の放送後の開催でしたが、皆様がメモしたり熱心にご参加下さいました。
グループディスカッションも積極的に意見交換なさっていらっしゃいました。

・所要時間:前半75分(講義&グループワーク)/後半15分(質疑応答)
・内容:リスペクト&ユーモアを土台とした、パワハラにならない叱り方の極意

【ご参加者の声】

「クイズやディスカッションなどが盛り込まれていたので、あっという間の90分間でした」

「日頃からなんとなく、なぜパワハラが起きるんだろう?と考えていましたが、問題が勃発するカラクリや構造の説明に、なるほどと腹落ちしました」

「背中を見て学べ、の言葉について、河村さんの独自解釈に膝を打ちました!」

パワハラ問題になるのか?それとも、愛ある叱りと受け止められるのか?
そのちがいは、日頃のコミュニケーションで、リスペクト&ユーモア(人間愛)で関わっているかどうか、です。

ご参加いただいた皆様のますますのご活躍とさらなる職場コミュニケーションの活性化を心よりお祈り申し上げます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次